芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

冬山巡りと温泉休憩を 山梨市観光協が紹介パンフ

P20_ 山梨市観光協会は、山梨百名山の兜山(笛吹市)から棚山(笛吹市、山梨市)を経由し、山梨市内の温泉施設に向かう山歩きコースの紹介パンフレットを作った。いずれの山も年間を通して登れるため、温泉と組み合わせた周遊プランとして提案し、課題となっている冬季の誘客を促す。

 兜山は標高913メートル、市境に位置する棚山は1171メートル。協会によると、登山ブームを背景に近年、観光客らから両方の山に関係する問い合わせが増えているという。

 パンフレットは二つ折りのA4サイズで、3千枚を印刷。中面の地図は、兜山登山口から棚山につながるルートや各ポイント間の所要時間のほか、山梨市の「ほったらかし温泉」「やまなしフルーツ温泉ぷくぷく」などの場所を記した。国道140号やJR春日居町駅、山梨市駅の位置も示している。

 地図は協会事務局の山梨市観光課職員の手書き。表面は兜山と棚山の写真、裏面にはそれぞれの山の特徴、アクセス方法などを載せた。作成段階で笛吹市側と情報交換するなど連携したという。

 パンフレットは山梨市役所や市内観光案内所、笛吹市役所などに置く予定。協会担当者は「登山の後に温泉で休息し、滞在してもらう流れが望ましい」と話している。

【写真】里山と温泉施設周辺の地図を載せたパンフレット

【山梨日日新聞 1月22日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫