芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

富士一望、西桂・競馬山に遊歩道 西桂

201901142

 西桂町の住民有志でつくる団体が同町下暮地の「競馬山」と呼ばれる山に遊歩道を設けた。富士山を一望できるようにするため山頂も整備。今後は山頂などに桜を植える。団体は「町の新しい観光名所として町内外に広くPRしていきたい」としている。
 
 町産業振興課によると、競馬山は富士急行線三つ峠駅から北東約500メートルに位置する標高685メートルの山。明治末期に娯楽として地域住民による競馬が行われていたという。山頂には1周約500メートルの馬場跡が残る。

 住民有志は競馬山を観光地にしようと「競馬山桜の会」を設立。昨年4月から高尾一男会長(73)らが町内外の地権者と交渉し、遊歩道の整備に当たってきた。

 最短ルートで登れるように麓からマツやスギ、ササで覆われていた斜面を切り開き、伐採で出た丸太約90本で階段を造った。昨年11月に登山口から山頂まで徒歩で約15分のルートが完成した。

 山頂では富士山を見られるように低木を伐採。山頂にあった「丸子神社」のほこらの周囲には丸太を立て、縄で結んで囲むなどした。また、山頂にあった桜の大木は恋人が寄り添った姿に見えることから「恋人桜」と名付けた。今後、斜面や山頂に桜約40本植える予定。

 昨年12月に完成報告式を行った。同会のメンバーや町民ら約30人が出席。高尾会長が「半世紀以上人の手が入らなかった競馬山を誰でも登れるようにした」と報告した。小林千尋町長は「富士山と町を一望できる観光名所として広くPRしていきたい」と話した。

 高尾会長は「春には富士山と桜が同時に楽しめる。多くの人が町を訪れるきっかけになればうれしい」と話している。
 
(写真)遊歩道を整備した高尾一男会長=西桂町下暮地

【山梨日日新聞 1月15日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫