芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

「冬山の危険 自覚を」

県と県警、富士山で呼び掛け

450_p_20181216_3

 県や富士吉田署などは15日、富士山吉田口登山道1合目手前の馬返しで、冬山登山での注意を呼び掛けるチラシを登山者に配った。

 同署は毎年、冬の富士山で啓発活動をしていて、今年は11月下旬から毎日行っている。12月15日からは県世界遺産富士山課や県観光資源課、周辺の6町村など12団体が加わった。

 この日は同署員や県職員、富士山レンジャーなど8人が、午前6~8時に富士山を訪れた4組23人に登山計画書の提出や冬山の危険性を訴えるチラシを配った。同署以外の団体は4月末まで毎週土曜日に持ち回りで啓発活動に参加する。

 県観光資源課によると、富士山などでは今年10月20日から、立ち入る際の登山届の提出が努力義務になった。さらに富士山8合目以上など危険が伴うエリアでは来年度の厳冬期(12月~翌3月)から提出が義務付けられる見通し。

 同署によると、今年は9月10日の「山じまい」以降、4件の事故が発生し、2人がけがをしている。

 【写真】登山者に冬山の危険性を伝える県職員と富士吉田署員=富士山1合目付近

【山梨日日新聞 12月16日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫