芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山梨県内のニュース】

柿、桃、スモモ…特産PR 果物詠んだ俳句募る

 JA南アルプス市(小池通義組合長)は5日まで、「第4回柿の日俳句大会」の作品を募集している。柿のほか、桃やスモモ、ブドウ、サクランボなどの果物を季語にした俳句を募っている。

 柿の日は、俳人・正岡子規が「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」の句を10月26日に詠んだとされることにちなみ、全国果樹研究連合会が2005年に制定。市内であんぽ柿の生産や「富有」「次郎」などの栽培が盛んなことから、同JAは15年から俳句大会を開いている。

 市内の果樹を広くPRしようと、昨年から募集する作品の季語をフルーツ全般に拡大。第3回大会では「さくらんぼ捥(も)げば青空ついてくる」が最高賞に選ばれた。

 投句用紙に句や名前など必要事項を記入し、同JAに郵送または持参する。1人10句まで。審査を経て、26日に表彰式を行う。問い合わせは同JA内の事務局、電話055(283)7114。

【山梨日日新聞 10月3日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫