芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

南ア名所、写真で案内

桜並木、アヤメ…「景観20選展」

P22_

 南アルプス・若草生涯学習センターで、市内の名所や情景などを集めた写真展「市景観100選から20選展」が開かれている。市が市民らを対象に募集した「市景観百選」を広く知ってもらおうと、ボランティアグループ「シャンブレイ」が企画。11月には実際に撮影された景観を探訪する関連イベントも計画している。

 会場には、徳島堰沿いの桜並木や櫛形山のアヤメのほか、桃花橋(通称ループ橋)、北岳山荘、中野の棚田から望む富士山などの写真を展示。沢登六角堂切子祭典や若宮八幡神社のお灯籠祭りなど地域のお祭りを写した作品もある。

 市は2011年10月から1年かけて後世に残すべき「市景観百選」を募集。寄せられた写真を市ホームページで公開してPRしている。同センターの指定管理者を務める同グループは改めて市内の景観の魅力を認識してもらおうと、20作品を厳選。市から写真の提供を受けて展示している。

 展示会は今月末まで。11月23日には市教委文化財課担当者の案内を受けながら釜無川治水の要衝で、会場でも写真を展示している「将監堤」まで歩くイベントを開く。午前9時半に同センターに集合。参加費300円。申し込みは同センター、055(283)8311。

 【写真】南アルプス市内の名所や情景などを写した作品が並べられた会場=若草生涯学習センター

【山梨日日新聞 9月13日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫