芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山梨県内のニュース】

9月19日(水)は「育水の日」

 県は来月19日の水曜日を語呂合わせで「育水(いくすい)の日」に制定、山梨の豊かな水資源を広くPRする。県の「水のブランド化戦略」の一環。19日の前後には、県内の主な水源の水を飲み比べたり、水に関連した県産品を販売したりする記念イベントを開く。山梨の名水を紹介するコマーシャル(CM)を制作、映画館での上映も計画している。
 
 県森林環境総務課によると、山梨県はミネラルウオーター生産量日本一など豊富な水資源に恵まれている。県民に周知し水の保全や関連産業の発展につなげようと、2016年3月に水のブランド化に向けた戦略を策定。森林保全などで水を守り育み続けることを「育水」と名付けた。趣旨を広めようと、19日が水曜日となる9月に「育水の日」を定め、その前後を「育水ウイーク」と銘打って関連行事を展開することにした。

 9月15日は県庁噴水広場で記念イベントを開催。富士山や南アルプスなど山梨を代表する水源地の水の飲み比べのほか、ミネラルウオーターや地ビール、化粧品など県産の水を使った製品を販売する。県立図書館では「やまなし育水推進県民大会」を開き、講演などを計画している。

 県オリジナルのCMも制作。8月31日~9月13日に昭和町内の映画館で、北杜市内でミネラルウオーターの生産を手掛けているサントリーグループによる山梨の水のCMと一緒に上映する。9月上旬からは「天に選ばれし、名水の地。山梨。」のキャッチフレーズが入ったポスターを自動販売機約500台に掲示する。県担当者は「多彩な企画を通して、育水の大切さを知ってほしい」と話している。

【山梨日日新聞 8月8日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫