芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

田部重治レリーフ披露 山梨市西沢渓谷で顕彰祭

 山梨市観光協会三富支部は21日、同市三富川浦の西沢渓谷旧西沢山荘近くで、笛吹川源流域を景勝地として紹介した文学者で登山家の田部重治(1884~1972年)を顕彰する「田部祭」を開いた。既に設置されている文学碑に田部の顔のレリーフを取り付け披露した。

 同支部の雨宮巧支部長や高木晴雄市長、田部のやしゃごに当たる泰一さん(39)=東京都武蔵野市=ら約50人が参加。雨宮支部長は「田部さんが紀行文でこの地のことを世に広めてくれた。大恩人の偉業を残していきたい」とあいさつ。レリーフを除幕し参加者が献花した。

 泰一さんは「多くの人に集まってもらい、誇らしい気持ち」と感想。「(この日一緒に訪れた)息子たちがもう少し大きくなったら、田部が歩いた地を巡ってみたい」と話していた。

 田部は紀行文「笛吹川を溯る」(1919年刊行)で、笛吹川源流域の渓谷美を記述。文は高校の教科書に掲載され、西沢渓谷や東沢渓谷が広く知られるきっかけになった。同支部によると、田部祭は来年以降も続ける予定。

【山梨日日新聞 7月22日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫