芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

富士山ヘルメット着用強化 富士吉田市長

 富士吉田市の堀内茂市長は8日、富士山登山者に6合目安全指導センターで貸し出すヘルメットについて、今夏の1日平均の目標貸与数を「最低10個」と明言した。昨夏は4.4個と低迷。市は同センターにヘルメット着用を呼び掛ける専任スタッフを配置するなど周知活動を強化し、貸し出し増加につなげる考えだ。

 ヘルメット貸与は突発的な噴火や落石、転倒などに備えることが目的。市が200個用意し、同センターで貸し出す。昨年の夏山シーズン(7月1日~9月10日)の貸与数は計316個で、1日平均5個に届かなかった。

 堀内市長はこの日の会見で、「希望の貸与数は(1日)20個以上。最低でも10個を目指したい」と表明。貸出数を増やすため、ヘルメットの重要性を訴えるポスターを製作し、富士北麓駐車場や5合目などに掲示するとした。

 市産業観光部によると、昨年は同センターのスタッフ5~7人が、安全指導をしたり登山者を数えたりしながら、ヘルメットの貸し出しを促していた。今シーズンは専任者を置くことで、ヘルメット着用を重点的に呼び掛けることができる体制を整える。

【山梨日日新聞 6月9日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫