芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山梨県内のニュース】

甲府中心街に「山」そびえる

P21_

 甲府市中心街に高さ19.25メートルの「山」がある。山といっても、富士山や南アルプスのような山ではなく、県庁別館。上空から見ると、漢字の「山」の字の形をしていることが分かる。

 日銀本店が「円」の形をしているのは有名だが、県財産管理課の佐藤晴仁さん(49)によると、県庁別館が山の形をしていることはあまり知られていない、という。1930(昭和5)年3月31日に完成。昭和初期の記録が残っていないことから、設計者は分かっておらず、意図して山の形にしたのかも分かっていない。

 かつては知事室が置かれ、重要施策を決める場になった。関東大震災や空襲にも崩れることなく、当時の姿を今に残している。2015年には耐震改修工事が完了し、山梨の近代を支えた先人を紹介する「山梨近代人物館」が整備された。

 建設から今年で88年。人間で言えば、“米寿”に当たる。佐藤さんは「県民の財産。長く勤めて愛着もある。大事に使い、後世に残していきたい」と話した。

 【写真】上空から見た県庁別館。「山」の形をしていることが分かる=山日YBSヘリ「ニュースカイ」(NEWSKY)から

【山梨日日新聞 6月15日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫