芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山梨県内のニュース】

富士山入山料を外国人に周知

 県は外国人登山客の富士山保全協力金(入山料)への理解を高めるため、外国語サイトや中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)」を通じた情報発信を始める。マイカー規制期間中は5合目へのシャトルバス内で、3カ国語によるPRビデオも上映する。

 県世界遺産富士山課によると、情報発信に新たに活用するのは、多くの外国人観光客が訪日前に閲覧する日本政府観光局(JNTO)運営のホームページと中国で人気が高い会員制交流サイト(SNS)の微博。7月1日からの夏山期間中に情報発信を順次行い、入山料への協力を呼び掛ける。

 マイカー規制期間中には、県立富士北麓駐車場(富士吉田市)から5合目に向かうシャトルバス内で、英語と中国語、日本語の3カ国語によるビデオを上映。5合目の総合管理センターで公開している動画の短縮版で、入山料への協力のほか、安全登山や溶岩の持ち出しが禁止されていることなど登山マナーに関わる情報を周知する。

 県によると、山梨側で入山料を支払った人の割合(協力率)は、2017年が56・9%で16年に比べて7・6ポイント低下。同課の担当者は「外国人観光客が利用するメディアを通じて地道な情報発信を行い、協力率の向上に努めたい」としている。

【山梨日日新聞 6月30日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫