芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

エコパーク「甲武信」は継続審議

国内委が結論持ち越し

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の国内委員会は6日、人間と生物圏(MAB)計画分科会を開き、秩父多摩甲斐国立公園を中心とする甲武信ケ岳周辺エリアを、エコパークとしてユネスコ本部に推薦するかについて審議した。文部科学省によると、同日中に結論は出ず継続審議となった。

 甲武信ケ岳は山梨、長野、埼玉3県の関係自治体でつくる「甲武信ユネスコエコパーク登録推進協議会」がエコパーク登録を目指して国内委員会に申請。分科会の審議は非公開で行われ、協議会事務局の山梨県みどり自然課の担当者が、申請エリアなどについて説明した。文科省は近日中に再び審議するとしている。

 甲武信ケ岳のエコパーク登録を巡っては、同協議会が2016年10月に申請したが、同分科会が「申請エリアを国立公園の区域に準拠するよう再検討すべきだ」「関係自治体が対等な立場で意思決定に参加できる体制が必要」などと指摘し、ユネスコ本部への推薦を見送った経緯がある。協議会はその後、申請エリアや組織体制を見直し昨年10月に再申請した。

【山梨日日新聞 3月7日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫