芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

エコパーク 甲武信の観光早くも期待 

県関係者 保全、遭難に警戒も

 甲武信ケ岳周辺地域が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)が認定する生物圏保存地域「エコパーク」に推薦されることが決まった7日、山梨県関係者からは「大きな前進」と登録実現を願う声が広がった。観光客増を期待する一方、環境保全を訴えたり、遭難事故の多発を懸念したりする意見もあった。

 同地域は4都県にまたがり、山梨県内は甲府、山梨、大月、北杜、甲斐、甲州、小菅、丹波山の8市村。

 この日、甲州市は庁舎カウンターに「甲武信エコパーク」の特徴などを紹介するチラシを配置。担当者は「PRに努め、登録へ機運を高めていきたい」と声を弾ませた。

 丹波山村を拠点に観光ガイドをしている農事組合法人「丹波山倶楽部」の青柳雄大代表(35)は、登録実現で観光客が増えると予想。「豊かな自然資源をアピールする」と意欲。甲府・昇仙峡で約30年にわたり飲食店などを経営する男性は、「山岳信仰の歴史やミツバツツジの群生などの魅力を発信できる」と話した。

 山梨市観光協会の雨宮巧会長(69)はシカの食害が深刻だとし、「行楽客に荒れた山は見せられない」と早期対策の必要性を強調。「西沢渓谷ガイドの会」の佐藤一亜喜会長(78)は「今でも山岳遭難事故が起きている。ガイド利用を呼び掛け、登山道整備も考えたい」と語った。

 「甲武信ユネスコエコパーク登録推進協議会」の会長を務める後藤斎知事は「推薦決定は喜ばしい。登録となるよう最大限取り組んでいく」とのコメントを出した。

【山梨日日新聞 3月8日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫