芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山梨県内のニュース】

十日市春待つ人、人… だるま、臼露店連なる

201802111_2 201802112

 甲府盆地に春を呼ぶ祭りとして知られる南アルプス市十日市場の「十日市祭典」(同実行委、十日市場区主催)が10日、県道韮崎南アルプス中央線沿いで始まった。約300の露店が通りを埋め、家族や友人同士など大勢の人でにぎわっている。
 
 多彩な品が並べられ、「売っていないものは猫の卵と馬の角」と言われている400年以上続く伝統行事。県道沿いの約1キロには、甲府市国玉町の工房で作られた縁起物「甲州だるま」や、富士川町平林地区で臼職人によって手作りされた臼、きねの木工製品、熊手などが並んでいる。

 たこ焼きや焼きそばといった飲食など計200の露店と、市商工会などの関係団体による80店があるほか、住民有志による衣類などを販売するフリーマーケットが開催されている。

 小学生の頃から毎年のように訪れているという南アルプス市下今諏訪の自営業男性(49)は、露店で約1メートルある特製の熊手を購入。「多くの人でにぎわう会場に元気をもらっている年に1度の楽しみ。縁起物を買って今年の商売繁盛を願いたい」と話していた。

 11日は午前9時から午後4時半まで開かれる。2日間で計約8万人の来場が予想されている。
 
(写真)縁起物の甲州だるまを買い求める来場者=南アルプス市加賀美

【山梨日日新聞 2月11日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫