芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

山案内人に市民12人 山梨市が認定

登山客に魅力伝え安全啓発 知識や救命方法習得

450_p22_

 山梨市は、観光客と一緒に登山し、山の魅力を紹介する市独自の「山案内人」に市民ら12人を認定した。山の自然や生態系、救命方法などの研修を受けた“専門家”で、市内の観光スポットとして人気が高い山の魅力を伝えてもらい、訪れた人が安心安全な登山を楽しめるようにしようと市が設けた。案内人の一人は「山のリピーターが増えるよう力を尽くしたい」と意気込んでいる。

 市観光課によると、認定したのは、山梨市や甲州市などに住む30~70代の登山愛好家の男女。全員がNPO法人山梨市観光振興会が行った12日間の研修に参加し、山岳事故の対処方法、ガイドの心得、山に関する基礎知識などを身に付けた。

 案内人は同行を希望する登山者と一緒に山を登り、山の歴史文化を伝えるほか、道案内や見どころの紹介をする。今後、市のホームページなどで制度を紹介し、希望者を募るという。

 1月26日に市役所で認定式が行われ、高木晴雄市長が、案内人に認定証とそろいの帽子を手渡した。高木市長は「山は市にとって大切な観光資源。楽しく安全に登山できるガイドを期待している」とあいさつした。案内人の笛吹市石和町河内の男性(69)は「繰り返し訪れてもらえるよう精いっぱい案内したい」と話した。

 市観光課によると、市内には鶏冠山や乾徳山などの山があり、年間10万人以上の登山者が訪れている。市には毎年、登山ガイドに関する問い合わせが多数寄せられているといい、山岳遭難も多く発生していることを踏まえ、「安心安全に登山してもらい、楽しい思い出を持ち帰ってもらいたい」(同課)と案内人制度を設けた。

 同課の担当者は「案内を通じて、リピーター効果や観光宣伝効果などを期待している」と話している。

 【写真】高木晴雄市長(前列中央)と記念撮影する認定を受けた山案内人=山梨市役所

【山梨日日新聞 2月3日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫