芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山梨県内のニュース】

特急かいじ30周年 春の山梨観光PR

201802153_2

 JR東日本は3月1日から、県、やまなし観光推進機構と連携し、中央線特急「かいじ」の運行開始30周年を記念した観光キャンペーンを展開する。山梨県への誘客促進に向け、県内の観光スポットや春のイベント情報をさまざまなツールで発信。記念グッズや商品も用意し、30周年と県内観光を盛り上げる。

 「春の山梨キャンペーン~週末は山梨にいます。~」と銘打って展開。3月4日からは中央線快速電車の車体に富士山など山梨の観光をPRする広告を掲示するほか、首都圏の主要駅のデジタルサイネージ(電子看板)で山梨県の春の魅力を放映する。ポスター、特典クーポン付きガイドブックも用意し、県内観光を促す。

 また、「かいじ」の30周年を記念したデザインの限定ピンバッジを製作。3月10~18日に甲府駅や八王子駅などの構内の対象店舗で500円以上買い物をした人の中から、希望者にプレゼントする。クリアファイルやトートバッグ、記念弁当なども駅構内の一部売店で販売する。

 3月末までのキャンペーン期間中は、東京都内の駅などで観光PRイベントも開催。多彩な企画で「かいじ」の記念年と山梨の観光をアピールし、電車を使った山梨の旅を提案していく。

 JR東日本によると、「かいじ」は1988年3月13日に中央線新宿-甲府駅間で運転を開始した。
 
(写真)キャンペーンで山梨県の観光情報をPRするポスター

【山梨日日新聞 2月15日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫