芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

岩殿城跡、看板撤去へ

大月市 台風で破損、落下

P_20180110_

 大月市は、岩殿山(標高634メートル)の山腹にある「岩殿城跡」の看板を撤去する。昨年8月の台風5号の影響で、看板の一部が破損して落下していた。

 「岩」「殿」「城」「跡」を1文字ずつ看板4枚に分けて書き、「岩殿城跡」と読ませていたもので、看板はいずれも縦横約3メートル。土砂崩落があった強瀬ルート沿いに設置されていたが、「城」の1枚が土砂崩落に巻き込まれて落下した。

 市は、「PRのために設置していたが、岩殿山の知名度が高まるにつれ効果が薄くなっていた。景観の面から見てもない方が良い」(担当者)として、撤去を決定。台風で破損した登山道の復旧作業に合わせて撤去する。

 岩殿山は台風の影響で登山道の一部が崩落するなどし、昨年8月7日から市が全面的に入山規制し、12月7日に規制を一部解除した。強瀬ルートは市職員やボランティアが損壊した登山道の迂回路を整備したが、看板がある損壊した登山道の整備は完了しておらず、着工時期は未定。

 【写真】撤去が決まった看板=大月市賑岡町強瀬

【山梨日日新聞 1月10日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫