芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

大月・岩殿登山の規制解除へ

450_p26__2

 大月市は12月7日、8月の台風5号による土砂崩落で入山を全面規制していた岩殿山(標高634メートル)の規制を一部解除する。損壊した登山道の迂回路を整備するなどし、約4カ月ぶりに登山ができるようにした。

 市産業観光課によると、岩殿山は「強瀬」「浅利」「畑倉」「岩殿」の四つの登山ルートがあり、「岩殿」を除く3ルートの規制を解く。JR大月駅から距離が近く、利用する登山客が最も多い南側の強瀬ルートでは、登山道が破損しており、規制解除のため迂回路を整備した。

 迂回路は、強瀬ルートの途中で分岐して中腹にある「丸山公園」に接続する約130メートルで、道幅は約1メートル。早期開通に向けて8月末からルートの検討を始め、枯れ木や枝を伐採して道幅を確保し、斜面には木製の階段を設置した。12月7日までに、ぬかるんでいる箇所に木製のチップを敷き整備を終える。丸山公園から山頂までの登山道は破損していないため、従来の道を使う。

 岩殿山は世界文化遺産・富士山の眺望に優れる景勝地として「登山客から人気の山」(同課)で、県東部地域を代表する観光スポットの一つ。同課の担当者は「初日の出に合わせて登山がしたいという要望が多くあったが、何とか間に合わせることができた。今後も復旧作業を進め、早期の全面規制解除を目指したい」と話している。

 【写真】枯れ木や枝を間伐するなどして大月市が整備した迂回路=大月・岩殿山

【山梨日日新聞 11月30日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫