芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山梨県内のニュース】

市産の藍で、のれん鮮やか 南ア・文化伝承館

201710061_3

 南アルプス市野牛島のふるさと文化伝承館は、市内産の藍の葉を原料にした染料で染めたのれんを展示している。

 のれんは1階展示室付近に掲げている。鮮やかな藍色に染まった縦50センチ、横40センチの布を5枚横につなげた。中央の布には「伝」の文字、右から2番目には土偶がモチーフのキャラクター「子宝の女神 ラヴィ」をデザインしている。

 市教委などが3年前にスタートさせた藍の文化を掘り起こす取り組みとして作り、8月に完成した。

 市教委の担当者は「のれんの色から、かつて市内で盛んだった藍染めの歴史を知ってもらいたい」と話している。
 
(写真)南アルプス市内産の藍の葉を原料にした染料を使ったのれん=南アルプス市野牛島

【山梨日日新聞 10月6日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫