芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

獣害対策を強化 南ア・中野自治会

 南アルプス市中野の中野自治会(金丸栄三自治会長)の有志らは本年度、地区内の獣害対策を強化している。シカと車がぶつかる事故があったり、農作物が荒らされたりしていることから、被害をなくすのが狙い。わなでシカやイノシシを捕まえる班を組織したほか、10月1日には自治会メンバーや地元猟友会員ら約70人が参加して追い払い作戦を行う。

 中野地区は、市役所などがある市中心部西側の山あいに位置している中山間地。住宅地と山林の境界付近には約3・5キロにわたって高さ約2メートルの電柵が設置されているが、設置から20年以上が経過していて、動物が地区内に入り込むほころびなどがあるという。

 本年度の調査では、約10頭のシカやイノシシが地区内に入り込んでいると推測される。田んぼが荒らされ、果物の樹木がかじられる被害が出ているほか、今年5月には住宅地で自動車とシカがぶつかる事故があり、車が破損した。

 自治会は7月に住民有志12人で捕獲班を結成。市内の猟友会のメンバーが、電柵付近などに仕掛けたわなを有志で見回るなどしてシカなどの捕獲を始めている。

 動物が地区内の雑木や草が生い茂っている荒廃地にいるとみられることから、10月1日は午前8時から追い払い作戦を行う。大きな音が出る動物駆逐用煙火やたたいて音を出せる物を使い、地区の標高の低い場所から山林方向へ動物を追いやる。銃を持った猟友会メンバーも協力し、実施場所につながる道路付近には人員を配置して安全を確保する。

 金丸自治会長は「動物との事故で人が命を落とすことも考えられる。対策を強化して暮らしやすい地域にしたい」と話している。

【山梨日日新聞 9月30日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫