芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

早川観光、玄関口で発信 横断道の開通見据える

201728251

 早川町は、同町高住の観光施設「南アルプスプラザ」の敷地内に観光案内所を建設する。2019年度の中部横断自動車道の開通などを見据えた観光振興策の一環。同町薬袋の町交流促進センター内にある町観光協会の事務所を移転させ、町の玄関口に情報発信の拠点を設け、観光客の利便性を高める。来年4月の開設を目指す。

 同プラザは、町の主要道路の県道南アルプス公園線沿いにあり、土産品を販売し、レストランで飲食を提供している。築30年以上が経過し老朽化が進んでいることから、観光案内所の建設と併せて建物を改修する。

 観光案内所は同プラザ建物の南側に新設する。町観光協会の事務所も入り、イベント運営などに加え、プラザが行っていた観光客向けの情報発信業務を引き継ぐ。

 町は9月の町議会定例会に、2施設の工事費を盛り込んだ一般会計補正予算案を提出する。

 町は、静岡県とのアクセス向上や、町と南アルプス市をつなぐトンネル建設を見据え、2015年度に新たな町観光ビジョンを策定し、昨年11月に観光事業者らによる協議会を設立。町内の観光関連業者の組織体制の見直しとともに、観光協会の役割や事務所の適切な場所などを検討していた。

 協議会の事務局を務める町振興課担当者は「プラザがある地域は町の玄関口にあたる。観光客に効率よく情報を発信し、町のPRに力を入れていきたい」と話している。
 
(写真)改修する南アルプスプラザ=早川町高住

【山梨日日新聞 8月25日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫