芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山梨県内のニュース】

山梨の魅力を若者にPR 観光名所巡るツアー実施

201707173_3

 山梨学院大の学生団体「LOKOSU(ロコス)山梨」(雨宮拓真代表)は、学生らを対象に県内の観光スポットを案内するツアーを開いている。「地域の将来を担う若者に山梨の魅力を知ってほしい」と企画。これまでに2市で開催し、計8人が参加した。今後も県内各地で開催していくという。
 
 ロコス山梨は、観光を通じた地域活性化を目指し、昨年11月に同大法学部3年の雨宮代表らが立ち上げた。現在、1~3年の12人が所属している。

 ツアーは若者をターゲットにして、会員制交流サイト(SNS)や知り合いに声を掛けて参加者を募集している。行き先は、事前にメンバーが県内全市町村からくじ引きで決め、現地調査をして訪れるスポットを3カ所探す。初回は今年1月に甲州市で開催。都留文科大の学生4人を大善寺などに案内したという。

 6月28日には、2回目のツアーを山梨市で実施。SNSを通じて集まった、山梨大や山梨県立大生ら4人が参加した。築約200年の酒蔵を利用した飲食店や根津記念館、笛吹川フルーツ公園の3カ所を回った。

 参加した県立大1年(18)は「ワインのイメージが強かった山梨で、日本酒も造られていることを知った。山梨の意外な一面が見られた」と語る。

 ツアーを企画した山梨学院大1年(18)も「静岡県出身で、山梨のことはほとんど知らなかった。企画をきっかけに、自分自身も山梨について学べた。もっと情報収集して、より山梨に興味を持ってもらえるようにしたい」と話していた。
 
(写真)山梨学院大生が学生らに山梨の魅力を紹介したツアー=山梨市北

【山梨日日新聞 7月17日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫