芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

北杜住民、甲斐駒で活動3年 ごみ撤去、植物自生図る

201707132

 北杜市の白州、武川両地区の住民らでつくる「北杜市南アルプスユネスコエコパーク地域連絡会」(日向勝会長)は、甲斐駒ケ岳5合目の山小屋跡地周辺で3年かけて自然保護活動をした。同所はかつて登山者が残したごみが散乱していて、環境や景観面で問題となっていた。ごみを撤去したほか、植物の育成を補助するマットを敷いた。
 
 同連絡会などによると、作業した場所周辺はかつて山小屋やテント場があり、多くの登山者が宿泊していた。山小屋は閉鎖され、約10年前に取り壊されて更地となったが、近くの斜面には投げ込まれたとみられる飲料缶や瓶などのごみが大量に残されていた。

 2014年に南アルプスの国連教育科学文化機関(ユネスコ)の生物圏保存地域「エコパーク」登録を受け、環境保全などを目的に設立された連絡会が清掃活動を開始。メンバーや協力者が15、16年の2回、山に登り、地形が変化しないよう配慮しながら、ごみを撤去した。

 今年は6月29日、連絡会や県山岳連盟のメンバー、地元のトレイルランナーら約20人が参加。ごみを片付けた斜面に、周辺に自生する植物の種が根付くのを助ける特殊なマットを敷き、土をかぶせた。

 作業に参加した同市白州町台ケ原の小野さん(64)は「植物が根付き、もともとの自然の姿に少しでも近づけたらいい」と話した。日向会長は「これからも南アルプスの自然を保つ活動をしていきたい」と語った。
 
(写真)ごみを片付けた斜面に植物を育ちやすくするために特殊なマットを敷く参加者=北杜市内」と語った。

【山梨日日新聞 7月13日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫