芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山梨県内のニュース】

県内高速、2日間乗り放題 県外発着条件

 中日本高速道路は、東京都や愛知県内などのインターチェンジ(IC)で乗降する車両を対象に、山梨県内の高速道路が定額で最大2日間乗り放題となるサービス「やまなしドライブプラン」を実施する。利用期間は7月1日~来年3月31日。

 「首都圏エリア(東京、神奈川など)」内のIC、「名古屋エリア(愛知、岐阜)」内の各ICが発着点となることが条件。交通混雑が見込まれるお盆期間は利用できない。同社によると、同プランの提供は2015年から始まり今回が4回目で、期間は過去最長。

 県内全域の高速道路が対象の「山梨県域周遊コース」、郡内と峡東地域限定の「富士山周遊コース」があり、名古屋エリア発着の場合は県域周遊コースのみ利用できる。いずれのコースも東富士五湖道路は対象外。首都圏エリア発着の場合、普通車の利用料は県域周遊コースが4700円から、富士山周遊コースが3800円からで発着点のICにより異なる。

 やまなし観光推進機構と連携し、期間中は県内観光施設など87カ所で利用者限定の特典を設ける。

 同プランは自動料金収受システム(ETC)搭載車が対象で、同社の専用サイトから事前申し込みが必要。問い合わせは中日本高速道路お客さまセンター、フリーダイヤル(0120)922229。

【山梨日日新聞 6月27日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫