芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山梨県内のニュース】

南アルプス市の健康増進ロゴ決まる

201705051_2

 南アルプス市が市民の健康意識を高めるために始める取り組み「健康リーグ」のロゴマークが決まった。一般から募集し、同市落合の団体職員深沢直子さんのデザインを採用した。今後、健康リーグを周知するのぼり旗やチラシなどで使用し、取り組みをアピールする。

 マークは、健康を表現したオレンジ色の力こぶと、南アルプスの豊かな自然を表した緑色で笑顔を描いている。オレンジと緑色の部分を合わせ、幸せを意味するハートを表現している。

 市は2月1日から3月1日まで市民からデザイン案を募集し、計161点の応募があった。市職員でつくる選考委員会で審査。「健康を通して、同リーグのテーマ『幸せ実感』を達成する過程を分かりやすく表現できていた」(市健康増進課の担当者)と深沢さんの作品を選んだ。

 健康リーグは、市が行う特定健診を利用した場合や、スポーツイベントなどに参加すると、市商工会の加盟店舗で利用できるポイントがもらえる制度。ポイントは市が市商工会から購入する。
 
(写真)採用された「健康リーグ」のロゴマーク

【山梨日日新聞 5月5日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫