芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

冬の富士登山、自粛促す 山静両県

20170315

 山梨、静岡両県と環境省は14日、静岡・富士宮市役所で富士山における適正利用推進協議会を開いた。夏山期間以外の遭難事故が相次いでいることを受け、新年度に都内で冬山登山の危険性を訴えるキャンペーンを展開することを決めた。登山用品店で冬山の状況を知らせるパネル展示やリーフレットの配布などをする。

 富士山では冬山での遭難事故が相次ぎ、昨年9月富士北麓の首長らが後藤斎知事に対し、遭難防止の対策を講じるよう要望。同11月の協議会で、夏山期間以外の富士登山の危険性を訴える「ネガティブキャンペーン」をホームページ(HP)などで展開することを決めていた。

 14日の協議会では、山梨県の担当者が、キャンペーンの実例としてHP「富士登山オフィシャルサイト」に今冬の遭難事故の発生状況や遭難の危険性について掲載したことを報告。新たな取り組みとして、登山者増加が見込まれるゴールデンウイーク(GW)や、秋に都内の登山用品店でネガティブキャンペーンを実施することを決めた。遭難者を救助している映像の上映や、凍結で滑落しやすい斜面状況などを伝えるパネル展示をする。

 GW期間に、日本山岳協会など山岳関連団体に、夏山期間以外の登山の自粛を求める要請文を送ることも決めた。山梨県の担当者は「富士登山の前に危険性を知ってもらえるよう取り組みをしていく」と話している。
 
(写真)冬山登山の危険性を訴えるキャンペーンの実施などを決めた協議会=静岡県富士宮市役所
 

【山梨日日新聞 3月15日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫