芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山梨県内のニュース】

中部横断道 増穂-六郷が開通 峡南地域アクセス向上

201703203_2

 中部横断自動車道の増穂-六郷インターチェンジ(IC)間の9.3キロが19日、開通した。中央自動車道と交わる双葉ジャンクション(JCT)から通行できる区間は25.3キロで、建設計画が進んでいる静岡・新清水JCTまでの約3割が開通となった。中日本高速道路は、増穂-六郷IC間の通行台数を1日平均約1000台と見込む。沿線住民からは観光や防災の面で効果を期待する声が上がった。
 
 市川三郷町上野の歌舞伎文化公園で開通式典を行い、後藤斎知事や国会議員ら約200人が出席。同社の宮池克人社長は「開通により峡南地域から甲府や峡中地域へのアクセスが向上する。県立中央病院への搬送時間も短縮され、医療、救助活動でも効果が期待できる」とあいさつした。

 式後は富士川町の増穂IC付近の本線上に移動し、地元自治体関係者らがテープカットで開通を祝い、車で六郷ICまでパレードした。一般車両は午後3時から供用開始となった。

 走行した富士川町長沢の長沢豊さん(71)は「9・3キロだけでも国道以外の道路ができ、防災面でも心強い。全線開通が待ち遠しい」と話した。「道の駅富士川」の居村一彦支配人は「ドライバーに立ち寄ってもらえるように、取り扱う商品や道の駅で開くイベントを充実させる」と語った。

 また六郷ICから約2キロと近距離にある身延町西嶋の「なかとみ和紙の里」の担当者は、「身延町にとって北の玄関口。観光客も訪れやすくなるはず」と期待を寄せた。

 増穂IC近くには上下線に増穂パーキングエリア(PA)を整備し、下り線のPAからは隣接する同道の駅が利用できる。六郷ICより南の区間は難工事が続き、2017年度内に予定されていた開通が約2年遅れる見込み。
 
(写真)(1)は道の駅富士川に隣接する中部横断自動車道の増穂PA(下り線)(2)は増穂IC料金所(3)は増穂PA(上り線)=山日YBSヘリ「ニュースカイ」(NEWSKY)で富士川町上空から

【山梨日日新聞 3月20日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫