芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

地域の鳥獣害を調査 南アルプス子どもの村中

201703161_2

 南アルプス市徳永の南アルプス子どもの村中の生徒約20人は、市内の鳥獣害の解決策を探ろうと、調査学習を始めた。

 地域の歴史や文化を学ぶ、1~3年の縦割りグループ「歴史館」の生徒が、郷土学習を進める中で、市内の農家が直面している課題として鳥獣害があることを知り、調査学習の課題にした。

 鳥獣害防止に取り組む市内のNPO法人「甲斐けもの社中」の山本圭介理事長の協力を得て、2月から本格的に活動を開始。同市築山地区の栽培作物や、集落と山の間に設置されている電気柵の状況の確認などをしている。

 夜間でも撮影できるセンサーカメラを山中の獣道に設置。住民に対する聞き取り調査も行っていて、サルやイノシシ、シカなどの生息状況や行動範囲、被害に遭いやすい作物について調べている。電気柵も用意し、効果を検証する。

 学習の成果は市民を対象にした説明会や、会員制交流サイト「フェイスブック」にアカウントを開設して発表する。

 3年の長谷川さんは「農作物を守りつつ、動物の命も奪わない仕組みについて考えたい。長期的にいろいろなことを試して、生産者の方に解決策を伝えたい」と話している。

(写真)センサーカメラの設置場所を下見する生徒ら=南アルプス市築山

【山梨日日新聞 3月16日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫