芦安山岳館は、山梨日日新聞社とタイアップして「芦安山岳館メール」を発信しています。南アルプスの最新情報や観光情報、山梨日日新聞に掲載された山岳に関係する記事などをサイトに掲載し、さらに会員登録者にはダイジェスト版メールもお届けします。お楽しみください!

南アルプスNETホームページへ

プロフィール

 南アルプス芦安山岳館は、2003年3月21日に開館しました。山岳文化の発掘と研究・継承、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとしたさまざまな交流の実現を目的としています。氷河時代から数万年を生き続けるキタダケソウやライチョウが住む3000メートルの高山、生活と結びついて文化や産業、技術を育ててきた里山。芦安地域は自然、文化ともに魅力に満ちた地域です。山岳館はその一端を知っていただく施設です。また、この施設は、県産材の利用促進を図ることを目的としたモデル的施設でもあります。多くの方に見学していただき、県産材の良さを知っていただきたいと思います。

お知らせ

南アルプス芦安山岳館メール閲覧ページのURLアドレスが変わりました。ブックマーク(お気に入り)やリンクのURLアドレスの変更をお願い致します。

http://sannichi.lekumo.biz/ashiyasu/

【山岳関連ニュース】

大蔵経寺登山道を整備 笛吹

■市が舗装、展望台も

1 笛吹市は、同市石和町の大蔵経寺山の登山道を整備した。砂利道をコンクリート舗装し、石和温泉街が一望できる展望台を設けた。

 市まちづくり整備課によると、整備したのは同市石和町松本の同山登山道入り口から約1キロの区間。2012年に登山道に近いJR石和温泉駅北口が新たに建設されることが決まったことを受け、「駅を利用してトレッキングに訪れる人が増える」(担当者)として、整備することにした。

2

 砂利道で滑りやすかった登山道を補修したり、コンクリートで舗装したりして歩きやすくした。展望台は、石和温泉街が見渡せる登山道の途中に設け、転落防止の安全柵と休憩用のベンチを備えた。

 展望台付近からの眺めは、葛飾北斎の「冨嶽三十六景」の一枚で、石和宿と富士山を描いた「甲州伊沢暁」の舞台とされている。当時の景色と比較ができるように、甲州伊沢暁をデザインした案内看板も立てた。

 同課の担当者は「春には桜が咲く美しい景色を楽しむこともできる。気軽に散策を楽しんでほしい」と話している。

 (写真上)石和温泉街が一望できる展望台 (同下)整備された大蔵経寺山の登山道=いずれも笛吹市石和町松本

 

【山梨日日新聞 2月11日掲載】

≪ 前の記事 | トップページ | 次の記事 ≫