武田信玄生誕500年 記念朱印を発行

A202111041_2

 武田信玄が誕生して500年となる3日、県内各地で信玄をテーマにした講演会やゆかりの地を巡るツアーなどが開かれ、参加者が甲斐の名将に思いをはせた。

 甲州市塩山小屋敷の恵林寺は3日、武田信玄生誕500年を記念した特別記念朱印を発行した。
 恵林寺によると、記念朱印は2種類。軍配を高く掲げて采配を振るう甲冑姿の信玄公の切り絵や「風林火山」などと記した赤色の記念朱印と、信玄公が自身の姿を模して彫刻させたとされる不動明王坐像(武田不動尊)の切り絵や金色で書かれた「武田不動尊」の文字を組み合わせた紺色のデザイン。各200枚限定で発行した。

(写真)生誕500年に合わせてつくられた2種類の特別記念朱印

【山梨日日新聞 11月4日掲載】