休耕田で育てたソバの実を収穫 南ア「平岡夢の会」

A202110261

 南アルプス市平岡地区の住民らでつくるグループ「平岡夢の会」は、地区の休耕田で育てたソバを収穫した。
 16日にメンバー8人が手作業でソバを刈り取り、実を収穫した。今後は実を脱穀し、メンバーでそば打ちをする予定。
 会は平岡地区を訪れる人に地域の良さを知ってもらおうと、休耕田約14・5アールを整備。今年8月にソバとコスモスの種をまいた。

(写真)ソバを収穫する「平岡夢の会」のメンバー=南アルプス市平岡

【山梨日日新聞 10月26日掲載】